内定後の流れ

  • 内定・退職

希望する企業から内定がもらえたら転職活動が終了するわけではありません。ここでは内定が出た後の流れとやるべきことについて説明します。

内定後の流れ

STEP1:条件確認、交渉、内定承諾

希望する企業から内定をもらえたら、担当コンサルタントより内定のご連絡をいたします。内定後にオファー面談を行うかどうかは採用企業によって異なります。採用企業もしくは担当コンサルタントから「内定通知書」や「採用条件通知書」などの条件通知書(オファーレター)を受け取り、内容を確認しましょう。

内定を承諾する前に、条件通知書に記載されている仕事内容、給与、労働条件、福利厚生など、求人票の記載内容や面接時に提示された内容と相違がないかきちんと確認しましょう。

給与などの採用条件に不満がある場合は、担当コンサルタントに相談してください。あなたに代わり、企業と条件交渉を行いますので、納得いくまで確認しましょう。

複数の企業から内定をもらった場合は、各社の返答期限を確認します。口頭でも内定承諾の意思を伝えた時点で雇用契約が締結されますので、転職活動を継続したい場合は返答期限を延ばしてもらうか検討しましょう。企業によっては、返答期限の延長の相談をした時点で内定を取り消すところもありますので、心証が悪くならないように担当コンサルタントに相談しましょう。

無事に条件確認や交渉が終了したら、担当コンサルタントを通じて内定承諾の意思を伝えます。その後、雇用契約書に記名・捺印のうえ採用企業に提出します。

STEP2:現職の退職手続き、入社日の決定、入社手続き

内定承諾の意思を伝えたら、就業中の方はすぐに退職の手続きを行います。退職日が決まったら、担当コンサルタントに報告し、採用企業と入社日の調整を行います。退職に関しては各社独自のルールを定めている場合もありますので、事前に就業規則を確認しておくことが重要です。コンテンツ業界では、退職後も関係取引先と顔を合わせる頻度も多いので円満に退職するためにも、誠実な対応を心がけてください。

法律的には2週間前に報告すれば退職することは可能ですが、残務処理や引き継ぎを考慮すると1ヵ月ないしは2ヵ月程度を要します。プロジェクトによっては3ヵ月かかることもありますので、選考の進捗に合わせて、内定前の段階で退職意向を表明しておくことも考えましょう。

既に退職日が決まっている方や離職中の方は、面接選考の過程で事前に入社可能日を伝えておくと、入社日の調整とその後の手続きがスムーズに進みます。

内定承諾後、転職先企業から入社書類一式が送付されますので、その準備も必要です。源泉徴収票や雇用保険被保険者証、給与振込先の届け出はもちろんのこと、企業によっては卒業証明書や健康診断書、免許・資格関連の証明書が必要になる場合もあります。

入手に時間のかかるものもありますので、早めに準備するようにしましょう。

きちんと流れを把握して、スムーズに入社日を迎えよう

ここまで内定後の流れや必要な手続きについて説明しました。転職先への入社手続きと現職への退職手続きが同時進行で進むことに加えて、残務処理や引き継ぎも発生しますので、もっとも忙しくなる時期です。大変ではありますが、新しい職場で気持ちよく再スタートを切るためにはどれも欠かせないものですので、早めの対応を心がけて、余裕を持ってスムーズに入社日を迎えられるようにしましょう。